資料

vi コマンド一覧

コンソールで Linux をいじっていると避けては通れないのが vi エディタ。
しかし vi エディタは Windows のスクリーンエディタに慣れ親しんだ俺からすれば難解な操作性なので、取り敢えずコマンド一覧を作成してみた。

起動
vi (ファイル名)vi を起動する
文字入力モードへの切り替え
aカーソル位置の右に文字を追加
iカーソル位置の左に文字を追加
A行末に文字を追加
I行頭に文字を追加
o行の下に新しい行を挿入
コマンドモードに切り替える
{ESC}文字入力モードからコマンドモードに切り替える
vi 起動時はコマンドモード
vi の終了
:q!保存をしないで強制終了
ZZ上書保存して終了
ファイルに保存
:w起動時のファイル名で保存
vi は終了しない
:w (ファイル名)別のファイル名で保存
文字削除
xカーソル位置の文字を削除
Xカーソル位置の左の文字を削除
ddカーソル位置の行を削除
カーソルの移動 1 (カーソルキーでも可)
h
j
k
l
カーソルの移動 2
0行の先頭
$行の末尾
{Ctrl} + F次の画面
{Ctrl} + B前の画面
:1ファイルの先頭
G文末
文字列の検索
/...下方向に検索
...の部分に検索したい文字列を設定する
?...上方向に検索
...の部分に検索したい文字列を設定する
n下方向に次検索
N上方向に次検索

コマンド入力は全て半角文字で行う。
大文字と小文字も区別するので注意すること。
要は書き換えたい場所にカーソルを持っていって、ココを書き換えると vi に教えてやって、書き換えたら終わったとまた知らせてやる。
その繰り返しだな。

Valid HTML 4.01 Strict Valid CSS!