第1部 構築編

本番運用に向けて

ネットワークトラブル

ネットワークをベースアップして数日、唐突にトラブルに遭遇した。
SEGA の MMORPG、PhantasyStar Online でパッチサーバに繋がらなくなっていた(涙)

起動して、ネットワーク接続を開始「お知らせ」までは取れる
しかしパッチサーバに繋ぎに行ってバージョンアップしようとした時点で先に進まなくなる
キャンセルすると Windows2000 の外部とのネットワークが全て断絶するという凄い現象。
普通に繋げていた HTTP も FTP も、ping すらも完全に外部に飛ばなくなり、サーバからもメイン機が見えなくなってしまっている

色々とネットワークを弄った。
サーバには NIC が追加されたし、ファイアウォールも弄ったし、ギガビットにもベースアップした。
思い付く理由はいくらでもある。
問題を切り分けて、どこでトラブルが生じているのかを突き詰めなければいけない

ファイアウォールの設定を正常に接続できていた時に戻し、ハブも 10/100Base の FX-05SC に戻す。
無線 LAN 用の eth2 も起動時に有効にならないようにして、サーバ側をほぼ元の設定に戻す

つまり家人がインターネットをやりたいと言い出す前、無線 LAN ネットワークを導入する以前の状態だ。

これで試してみる。

………ダメらしい。

やはり Windows2000 のネットワークがハングアップ状態になってしまい、無効化することすら出来ない
無効化がダメだと判断して再起動かけると、ほぼ 100% の確率でシャットダウンも出来ない
「FAXモニタ」が応答しないとか言って強制終了させるダイアログが出ることもあるが、これを強制終了させてもシャットダウンプロセスはハングアップしたままだ。
ちなみに FAX Service は手動実行になっているので、そもそも起動しているはずがない。
起動しているプロセスを照会しても FAX 関連の物が在るようには見えない、別物なのだろうか………?

ためしに、FAX Service を起動してもう一度試す………

………ダメらしい。

もうこうなったら FNW-9803-T をもう一度メインデスクトップに戻して、試してみる他はない。

実は某所のオフ会の帰りに FNW-9803-T をもう一枚買ってきてしまった。
実売 \1,000- かそこいらだし、別に一枚くらい余分にあったって邪魔にゃならないし。

仕方なく再起動してドライバを削除、ハードをすっこ抜こう。
と思って FAX Service を終了させようとサービスを表示してみると、先ほど確かに起動したにもかかわらず終了している?

なぜ?

まあ、いい。
今は問題を絞り込みたいから、NIC を元に戻してみよう。
GN-1100TC を抜き取り、FNW-9803-T をインストール。
早速 PSO を起動して、パッチサーバへ繋いでみる………

あ!!

いとも簡単に繋がりやがった

これで問題は収束した。
ネットワーク本体ではなく、GN-1100TC のドライバか、PSO 側がギガビットのネットワークで正常にネゴシエート出来ないか、だ。
ただ、PSO のネットワークエラーで Windows2000 側のネットワークが完全に死んでしまうというのも普通は考えられないので、GN-1100TC のドライバの方が妖しいのではないかと確信を深める………

あとは NIC だけを FNW-9803-T のままに、サーバと HUB のネットワーク環境をベースアップ状態に戻してしまおう。
これでもう一度ためす。

うぅ~む………

いとも簡単に繋がりやがった。

んでは、もう一度 NIC を GN-1100TC にしてみる。
んで再試行。

やっぱしダメね………

問題は完全に絞り込めた
GN-1100TC と PSO は相性が悪い
どちらの問題かは今後 PLANEX と SEGA に調査依頼を出すことにするが、GN-1100TC に問題があった場合を考えて、事実確認が取れるまでギガビットは惜しいが FNW-9803-T を再びメイン機に差すことにする。

トラブルサポートにメールを出すにしても正確な情報は提示しないといけないので、情報収集に勤しもう………

と言うわけで、理想とする環境にシフトアップする前に足踏みが発生した(涙)

後日談

トラブルサポートにメールを送信し、SEGA、PLANEX よりそれぞれ返答があった
SEGA はハッキリ言って馬鹿がマニュアルのまま返したメールなので、読む価値無し
PLANEX の方は追加で調べて欲しいことが丁寧に書かれていたので、こちらで追加テストを行う

GN-1100TC の通信速度を、100Mbps Full、100Mbps Half、10Mbps Full、10Mbps Half と変更し、全てのパターンで PSO パッチサーバへの接続を試行する。
全てのパターンで問題のトラブルが再現したので、PSO 側の問題の可能性は低くなる。

あくまで可能性が低くなっただけで、完全に零とは言い切れない。
PSO 側のネットワークルーチンの実装が下手糞で GN-1100TC 側を巻き込んで落ちてしまっている可能性もあるのだ。

しかしそれだけでは GN-1100TC を疑うに足る情報とは言えないので、奮発して Intel PRO/1000 MT Desktop Adapter を購入
GN-1100TC の変わりにメイン機に導入してみて追加テストを試行する。

行くじゃん!!

全く問題なく PSO パッチサーバに繋がった。
これで問題は絞り込めた。

GN-1100TC のドライバに根本的な問題があるか、PSO との相性問題があるか、だ。

しかし NIC のドライバに問題があるというのは致命的だ。
今回は PSO でのみ発生していたが、他の手段、例えば外部から特定のネットワーク接続をかけることによって GN-1100TC を停止させることが出来るとしたら………
しかもそれがバッファオーバーランなど、攻撃目標の PC で任意のコードを実行出来てしまう類の物だったら………

セキュリティホールになりかねないっ!!

こちらで追加テストした内容を詳細に記したメールを再び PLANEX のサポートに送信、PLANEX 側に対応を委ねることにした。
GN-1100TC は今の所 PSO でしかトラブルが発生しないから、気が向いた時にサブ機にでも差してしまおうと思う。
メイン機ではこのまま Intel PRO/1000 MT Desktop Adapter を運用しよう。

Valid HTML 4.01 Strict Valid CSS!