第1部 構築編

本番運用に向けて

セカンド NIC 導入再び

三ヶ月もの間が開いたなぁ~
ちょこちょこ暇あったけど、持ち前の衝動買い癖のせいで軍資金が確保出来ていません
大宮で呑んだくれた末に帰れなくなって駅構内で寝るわ、その一週間後に同じ場所でホームレスが殺害されて肝を冷やすわ、Ultra SCSI 40 倍速 CD-R なんざ今更のこのこ出しくさりやがって Plextor PX-W4012TS/NE 覚悟完了しちまうわ、挙げ句の果てに CD-R 専用機を再構築だと意気込んで U160 SCSI インターフェイス Adaptec ASC-19160/JA 買って迎撃用意しちまうわ、木曽路(大宮店)で牛肉食い放題モドキスポンサーになるわ、Ultra SCSI Pioneer DVD-ROM DVD-305S 買ってしまうわ、「Sound Blaster よ、さらば」と言わんばかりに AUDIOTRAK Prodigy7.1転ぶわ、新型 PlayStation2 は先行予約してしまうわ、車検は這い寄る混沌の如く迫っているわ………その他もろもろ(爆)
ちゅ~わけで、巨大な足踏み状態を迎えてしまった………とほほ………

ん、ではぁ~
前回、と言っても三ヶ月も前だが、カーネルのアップグレードはした。
実はこの間に更にカーネルアップグレードを行っていたりするのだが、それはご愛敬
2.8「セカンド NIC 導入」で導入した Intel PRO/1000 MT Server Adapter を再び入れてみる。

さて、ここで一考。
今後導入予定の FTTH は今の所 100Mbps の通信速度、自宅 LAN も今の所 100Mbps、どちらが先にギガビットの大台に乗るだろうか?
ちょっと考えればわかる、当然自宅 LAN の方がギガビット大台に乗るのは早かろう
次にデスクトップマシンを作る時には、きっと「サーバよりごっついワークステーション」が出来上がるだろうから、その時は自宅 LAN がギガビットに底上げされるはずだ。
と言うことで、マザーボードにオンボードの 100Mbps を WAN に、1000Mbps を LAN に向けて設定するよう方針変更しよう。

ちゅ~わけで、今現在の eth0 の IP アドレスを取り敢えず切り替える。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

を、vi で開いて、IPADDR を 192.168.10.1 辺りに切り替えておく。
んで、再起動かけて IP アドレスが変わっていることを確認。

ホントは再起動しなくてもなんとかなる方法があるんだろうが、知らないのでパス。
どちらにせよ、ifcfg-eth0 は書き換えておかないと再起動の度に ifconfig コマンド叩かないといけないから、これだけは必須だ。

確認出来たので、poweroff で電源を落として、ケースを開ける。
Adaptec ASR-2110S/JA が差さっている 64bit PCI の下の余っている 64bit PCI に Intel PRO/1000 MT Server Adapter を導入。
ついでに LAN ケーブルも こちら側に差し替えてしまってから再起動。
Intel PRO/1000 MT Server Adapter の CD-ROM を用意してログオンプロンプトを待つ………
待つ………
待つ………待つ………まづ………!?

おりょ??

なんかドライバ入れる前からネットワーク設定の画面が自動的に立ち上がったぞ!?
前回はドライバ入れてから再起動して出てきた画面なのに………

なじぇ!?

取り敢えずローカルアドレスの 192.168.1.1 を設定して、そのまま起動
ログオンして ifconfig を叩いてみると、正常に設定されている………
メインマシンから ping を走らせても正常に届くし、FTP も接続出来る………??

あれ??

なんか釈然としないが、Linux 側でハードウェアを勝手に認識したらしい。
でもなんで前回は最初からでなかったんだ??
いまいち釈然としないが、取り敢えずセカンド NIC の導入は速攻で解決した。

Valid HTML 4.01 Strict Valid CSS!