第1部 構築編

お試し

リモートアクセスに挑戦

Linux や FreeBSD などの UNIX 系 OS は、Windows の様にサーバマシンの前まで行って作業しなければならないことはほとんど無い。
大体最初のセットアップ程度で、他はリモートでログインして操作することがほとんどだ。
これはサーバその物がマシン室なんかに入っていたり、データセンタに入っていたりすることが多いので、当然の事だね。
それに UNIX 系は元々多人数で共有するサーバだから、端末を取り合うような真似は馬鹿以外の何物でもないわけ。
Windows がユーザで共有出来たとしても、同時に作業できるのは結局 1 人なのとは大きな違いだ。

ちゅ~か、Windows サーバは精々イントラネット止まり、World Wide に公開するには柔軟性もセキュリティも甘すぎる。

だから、前述の通り Intel のサーバ向けチップセット E7500 は AGP サポートが打ち切られ、E7500 搭載マザーには ATi Rage XL なんて糞の役にも立たないチップがオンボードで提供されていたりするわけだ。
だって、それで充分だから。

では、どうやってリモートログインするの? ということになる。
そこで出てくるのは telnet と呼ばれるアプリケーション。
実機のコンソール画面をそのままリモートのマシンに持ってくる有り難いソフトなんだね。

正確に言うと、telnet と言うのはアプリケーションの種別ではなくて、リモートアクセスするプロトコルの名前らしい。
よく「telnet で入る」と表現するので、telnet がアプリケーションの一般名だと勘違いされているみたいだ。
まるで「ウェブページの先頭のページ」という意味で「ホームページ」と使って「私のホームページは………」と表現していたら、「ホームページ」という言葉が「ページ全体」を表す言葉と勘違いされてしまったケースのようだ。
ちなみに「ホームページ」という言葉を勘違いしている国は日本だけなので、海外に出たら「ホームページ」という言葉に気を付けよう。
教養を疑われるぞ(爆)

最初の Red Hat Linux のインストールの時点で eth0 側、つまり LAN 側の telnet は信頼したから、メイン環境の Windows からリモートアクセスできるはず。

telnet ソフトウェアは Windows にも標準で付いていて、MS-DOS プロンプトから telnet とタイプすることで起動するけど、ここではもっと使いやすくて一般的な Tera Term Pro を使いたい。
Tera Term Pro はフリーソフトのターミナルエミュレータで、こちらのページから手に入れることが出来る。

ちなみに Tera Term Pro は後々必要になる SSH にも対応可能なので、これ以外の選択肢が難しいというのもある。

Tera Term Pro
http://www.vector.co.jp/authors/VA002416/

さらに、Tera Term Pro のメニューなんかを日本語化したい場合には、こちらから日本語版が手に入る。

Tera Term Pro 日本語版
http://www.sakurachan.org/soft/teraterm-j/

またしても先人の努力に感謝
もっとも Linux + Apache + MySQL + PHP で組もうとしている以上、先人の努力にどっぷりとお世話になってしまうのだが、環境がある程度整った後で動き出す後発組は先人に心から感謝しよう
彼らは無償でこれら素晴らしいソフトウェア群を開発して公開してくれていたのだ!!

かつてオープンソースコミュニティやフリーソフトウェア財団の人達を乞食呼ばわりした Linux 解説本があったと伝え聞く。
俺はその本の作者に言ってやりたい。
「じゃあ、お前は乞食以下なんだな」

さて、先ほどの Apache の例もあるので、X Window System を起動してシステム設定のサービスを見てみる。
すると案の定、telnet サービスが無効になっているではないくぁ!!
telnet をココで有効にして、早速メイン環境で Tera Term Pro を起動する。

Tera Term Pro を起動すると新規接続の画面が現れるので、TCP/IP を選択してホストにサーバの IP を入力、Telnet のポート 23 で接続してみる。
見事にログイン画面が現れたっ!!

Red Hat Linux release 7.3 (Valhalla)
Kernel 2.4.18-3smp on an i686
login:

早速ユーザを打って、パスワードを認証すると、問題なくログイン成功。
これで最低限の作業はリモートで出来る様になった。

大分 Linux らしくなってきたじゃあないくぁっ!!

Valid HTML 4.01 Strict Valid CSS!